山口県対応の弊社加盟店のご紹介

ループスペースブレイン
ループスペースブレインは山口県において建物の工事に多く関わっている業者です。リフォームや屋根での作業、お店のデザインにも関係した作業を請け負っています。看板の制作も行っており、お店のデザインから宣伝の看板まで一貫して対応可能です。看板には多くの役割があります。どういう名前のお店なのかを宣伝すること、飲食店か衣料店なのか等のサービス内容を宣伝すること、そしてそのお店がどこにあるのかを遠くの人にもしっかり見えるようにするためのものです。お客様に来てもらうには、第一印象で良い店だと分かると入りやすいです。そのために第一印象の良い看板が重要になってきます。ループスペースブレインはお客様からどう見えるだろうかということを大切にし、日々看板製作を行っています。店舗のデザインも行うことで、店に合った看板になると期待できるでしょう。

山口県の景観条例は?看板の年間売上高について

山口県は自然豊かな場所が多くなっている都道府県となっており、観光客もそれを目当てに観光に来る方が多いのが特徴です。そこで自然豊かな山口県で看板屋に依頼をして看板を製作する場合において、どのような点に注意をすれば良いか紹介していきます。山口県景観条例に違反しないことが最も重要となっており、ただ闇雲に看板製作を依頼してはいけないということです。山口県のイメージダウンにつながる絵やデザインの使用が禁止となっており、景観条例に違反してしまうと看板が使用出来なくなってしまいます。それに加えてお店の営業にも影響するため、この内容については絶対に守らなくてはいけない内容となります。逆に山口県のイメージアップにつながるようなものを製作すれば、景観条例に違反しなくてすむことは明確です。看板屋では色んな材料や材質を扱っており、そこから依頼者は使用するものを選ぶことが可能です。あくまでもイメージダウンにつながるようなデザインなどが禁止されているため、使用する材料については不問となっています。看板屋が揃えている材料についてですが、1つめに木材を使用して作ることが出来ます。機械ではなく手作りで作ることが特徴となっており、文字の形や大きさなどを自由に設定することが可能です。また木彫りで文字などを彫っていくことも可能であるため、手作り感や個性を出したい時におすすめの材料となっています。そして2つめにプラスチックや金属加工することがあり、こちらは大きい看板を作りたい時に使うことが多いです。店頭で配置することも可能ですが、他にもビルや建物の屋上などにも取り付けることが出来ます。なのでより多く人に見てほしい時には、プラスチックや金属を使って製作をするのが良いと言えるのです。こういった色んな材料を看板屋では扱っており、屋外広告の年間売上高については1300万円となっています。基本的に知識や技術がないと看板を作ることは出来ないため、看板屋の需要は今後も上昇傾向にあります。

看板110番の山口県地域における対応エリアについて

  • 下関市
  • 宇部市
  • 山口市
  • 萩市
  • 防府市
  • 下松市
  • 岩国市
  • 光市
  • 長門市
  • 柳井市
  • 美祢市
  • 周南市
  • 山陽小野田市

山口県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年09月20日
    エリア
    山口県下関市
    参考金額
    86,000円

    店舗様より看板設置についてのお問い合わせがありました。外に置く看板がほしいとのことで、看板の大きさや種類、デザインなどについては未定のようでした。また、見積りなどの日程についても不明で、折り返しの電話で相談に乗ってほしいとのことでした。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼