山口市対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社ヒューマンライフサポート
株式会社ヒューマンライフサポートは山口で皆さまの生活の支えになれるように日々営業をしている会社です。どのような方の助けになれるように取り扱い作業を多くしており、店舗を営んでいる方のために看板に関する依頼を一貫して請け負っています。看板は店舗にとっては人の顔と同じようなもので、まず第一に向き合って、その店舗のことを知ることが多いでしょう。そのために宣伝効果は高く、インターネットの時代だからといって軽視はできないものです。ネット上で店舗のことを知っても、実際に行ってみてよく分からない看板があれば良い印象も悪くなってしまうかもしれません。株式会社ヒューマンライフサポートはそのことをしっかり理解しており、皆さまの店舗がどうしたら良い印象で伝わるかを日々研究しています。看板をどう立てたら良いのか悩んでいる方の相談には親身になって乗ってくれるでしょう。

山口市の景観条例は?看板について紹介

山口市では地域の特性を生かした景観形成に取り組むために、山口市景観条例が定められています。その美しい景観を守るために高さ10m以上の広告物を設置する場合、広告物申請の届出を出して許可を得る必要があります。例えば飲食店を出店する時に看板屋に看板の製作を依頼します。店の集客力と看板には密接な関係があります。まず一つ目は通行人に発見される度合いです。店の視認性を高めること、周りの色との差別化を図ること、店の業態を分かるようにすることで存在を知ってもらいます。二つ目は魅力度です。目玉商品・おすすめ商品の告知をすること、盛況感を高めること、看板の鮮度を上げることにより興味を持ってもらいます。三つ目は誘導率を上げることです。店舗の入り口が分かりやすいこと、入り口までの導線がはっきりしていること、安心感・信頼感があることでお客様の「何となく入ってみよう」という気持ちを刺激します。その他に通行量や通行の質なども関わりがあります。これらを一つ一つ解決しクリアしていくことで、集客力が向上していくことになります。そのためにも看板屋選びは大変重要です。それまでの経験や知識・情報・ノウハウなどを依頼者に提供して、相談や問い合わせに丁寧に対応しながら製作をしてくれる看板屋を選択します。 看板を設置する時にはまず位置やサイズを決定します。店舗の形態に合わせ距離感を考え、色合いとのバランスや対象者を考慮して決めます。次に素材や構造、電飾かどうかなどを決めます。看板は電子・電飾・電光・木製・ネオン・アルミ・ポール・屋上広告塔・LED立体文字・ガラス面シート・スタンド・テント壁面パネル・自立・懸垂幕など多くの種類があります。予算や条件を考えて適切な物にします。そしてデザインを決定します。デザインマニュアルがありますのでそれを参考にします。更に山口市の屋外広告物条例・建築基準法の確認をします。これらを一つ一つ慎重に検討しながら集客力がアップする看板の製作をします。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼