山形県対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社フジミ
街を見てみると古くなって錆びついた看板もありますが、このような看板ですと接続部品が緩んでしまい、強風などで落ちてしまうかもしれません。看板は人よりも高い位置にあることが多いですし、また大きい物が多いです。そのためにもし落ちてきた時には大きな被害が予想されます。下にあるものは壊れてしまうでしょうし、人がいた場合には最悪死んでしまう可能性もあります。そうならないためにも看板の修理というものは必要です。株式会社フジミは看板の修理に対応した山形県の会社です。錆びついた看板の場合はその錆を落としたり、また接続しているネジなどの緩みを確認し、交換したり締めたりして、落下事故を防ぐための作業を行っています。このような事故だけでなく、古い看板はみっともないので人に悪い印象を与えてしまいます。それを防ぐためにもこちらの会社は活動しているのです。

山形県の景観条例は?看板の年間売上高について

山形県ではさくらんぼや将棋などの名産品がある都道府県となっており、人口については116万人となっています。そこで実際に山形県で商売などを始める場合において、どのようなことに注意をすれば良いか紹介していきます。看板を製作する時には看板屋に依頼をしますが、その時に景観条例に違反しないことが絶対の条件となっています。山形県のイメージダウンとなるようなデザインについては、お店の看板として使うことが禁止されています。同時に多くの人に不快感を与えるような内容についても、同様に看板に使用することが出来ないので注意が必要です。そのため看板屋に製作依頼をする時には、景観条例のことについて前もって認識しておくことが大切です。ですがイメージダウンや不快感を与えない内容であれば、基本的にどのようなデザインでも問題はないです。看板屋の年間売上高については、平均して5億6600万円と比較的高い金額を記録しています。また製作をする場合においても、色んな材料を使うことが出来るのも特徴となっています。木材を使って製作することが可能であり、主に店頭に設置する時に使用されることが多いのが特徴です。巨大なサイズとして使うことは出来ませんが、店頭に設置するといった場合には非常に適した大きさとなっています。またプラスチックや金属加工して作ることも可能であり、この場合には逆に巨大な看板を作ることが可能ですので、建物の屋上に取り付ける作業をすることで、より多くの人に見てもらうことが出来ます。特に電車やバス移動などをしている時に、設置場所を工夫することで高い集客率となります。また山形県の特徴を生かすという方法もあり、さくらんぼや将棋などのデザインを取り入れることも可能です。こういった特徴や特色を利用することも、看板製作における大きな楽しみとなります。このように工夫をすることによって、お店の集客率を上昇させると同時に利益アップにもつながっていきます。

看板110番の山形県地域における対応エリアについて

  • 山形市
  • 米沢市
  • 鶴岡市
  • 酒田市
  • 新庄市
  • 寒河江市
  • 上山市
  • 村山市
  • 長井市
  • 天童市
  • 東根市
  • 尾花沢市
  • 南陽市
  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼