宇都宮市の景観条例は?看板について紹介

宇都宮市では良好な景観形成のため、美しい景観と潤いのある豊かな生活環境の創造を目的として宇都宮市景観条例が作成されています。宇都宮市の景観の特徴として個性ある景観(大谷地区・日光街道)、郷土の景観(二荒の杜を作る社殿と緑・古賀志山や多気山の山並みなど)、まちのシンボル景観(魅力ある中心市街地)の3つが挙げられます。これらの景観を維持し守るために、影響を及ぼすと考えられる建築物や工作物のデザイン・色彩などを適切に誘導するための届出があります。広告物申請というもので、宇都宮市の届出対象行為は高さ10m超え、又は建築面積1000平方メートル超えです。都市部において飲食店などの出店を計画する際、看板の製作を考えます。そのためにはまず、屋外広告物条例や建築基準法の制限などの確認をします。次いで看板屋と相談しながらまず位置を決定します。店舗の形態に合わせたり遠距離か近距離かの考慮をしたり、全ての人に見てもらえるかを考えたりします。次にサイズを決定します。色味との兼ね合いや歩行者・ドライバーどちらを対象にするかなどを考えます。三つ目に看板の素材や構造などを決定します。予算や条件にもよりますが電飾を使うと効果があります。看板には木製・電子・スタンド・壁面パネル・電光・電飾・アルミ・屋上広告・LED立体文字・ガラス面シート・懸垂幕・自立など様々な物があります。四つ目にデザインの決定です。たくさんのマニュアルがあるのでそれを参考にすることができます。多くの経験を積み集客のノウハウを熟知している看板屋を見つけて、製作を依頼することが大切になります。看板屋はこれまでの事例を多数持っているので、情報をお客様に提供しながら製作をしてくれるはずです。集客と看板には密接な関係があります。その地域の通行量・通行の質・発見確率・魅力確率・誘導確率などが関係してきます。特にこの中の「発見確率・魅力確率・誘導確率」は重要です。周囲との差別化、目玉商品の告知、盛況感の演出、安心感や信頼感の演出などを丁寧に検証することで集客アップを図ることができます。

宇都宮市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年10月21日
    エリア
    栃木県宇都宮市
    参考金額
    67,500円

    店舗の看板作成についてのお見積りを希望されました。サロンでご使用の看板で、大きさは80センチメートル×90センチメートルほど、黒い看板で文字が浮き上がるような仕上がりを希望されていました。納期はなるべく早くしたいということでしたので、当日中に折り返し連絡がほしいとおっしゃいました。

  • 受付日
    2015年05月26日
    エリア
    栃木県宇都宮市
    参考金額
    30,000円

    駐車場に設置する看板の作成について、お問い合わせが寄せられました。お客様がご希望される看板は、ベニヤ板1枚の看板ということでした。看板作成を依頼した場合の、見積りと作成期間について相談したいというご要望でした。また、見積り日程については可能な限り早めをご希望とのことでした。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼