津市の景観条例は?看板について紹介

津市には山や川、海といった自然景観や農村集落を含む田園景観が広がり、歴史的な街並みも市内各所に残っています。一方で商業や工業、文教施設や住宅などが集まる市街地景観も見られます。これらの市民共有の財産を守り次世代に引き継ぐために津市景観条例が定められています。一方でこれらの景観に大きな影響を及ぼすと考えられる広告物については、広告物申請の届出を出して許可を得る場合があります。飲食店などを出店する際に看板屋に看板の製作を依頼しますが、この看板と店の集客数には大きな関わりがあります。お客様の立場に立った時にどれだけ興味・関心を持ってもらえるかが重要となってきます。一つ目に看板の発見度を高めることが大切です。周りの色や看板との差別化を図ること・視認性を高めることがポイントです。二つ目に看板の魅力度を上げることです。店の繁盛具合を表すこと・看板商品をアピールすること・興味を持たれるデザインにすることなどが大切です。三つ目に誘導率を上げることです。初めての人でも安心して入れる雰囲気を作ること・店舗の入り口が入りやすいことが重要です。これらの他にその地域の交通事情や通行量なども関係してきます。製作に当たっては様々な経験や情報・知識を有し、依頼者の相談に丁寧に対応してくれる看板屋を選ぶことが大切になってきます。製作をする時にまず位置やサイズなどを決める必要があり、同時に距離感を考えたり店舗形態とのバランスを考えたりします。単に大きければ良いというわけではありません。店の「顔」とも言える部分なので通行人にしっかりと認知してもらう役割があります。次に素材や構造、デザインなどを決定します。予算や条件を考慮しつつ対象者をどこに置くのかなども考えて決めます。木製・アルミ・電子・電子・電飾・屋上広告塔・LED立体文字・壁面パネル・懸垂幕など多くの種類があります。そして津市の条例の確認をすることも忘れてはいけません。看板製作業者のアドバイスも得ながら、大きな効果が見込まれる物を製作していきましょう。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼