富山県対応の弊社加盟店のご紹介

トータルハウジング総建
トータルハウジング総建は、富山県で看板製作を行なっている会社です。スタンド看板とはお店の前に設置できる、人の背丈ほどの看板のことをいいます。スタンド看板は用途に合わせて手書きの看板や電子看板、電飾看板を使い分けることが可能ですが、その中でも最近特に注目されているのが、電子看板です。電子看板は液晶画面を持つ看板なので、動画や写真を表示させてお店の前を通る人にお店をアピールすることが可能です。飲食店の場合はおすすめのメニューや営業時間を表示すると効果的であるといえます。電子看板を含め、スタンド看板を設置したいときは看板製作を行なっている業者に作業を依頼しましょう。業者では用途や予算に合わせてスタンド看板の種類を選び、目を引く看板を作ってもらうことができます。トータルハウジング総建は魅力的な看板を作るため、日々頑張っている会社です。

富山県の景観条例は?看板の年間売上高について

富山県内において、看板に関わっている条例や景観計画としては「富山県景観条例」があります。この条例では、都市部では経済振興による発展が促進しやすい景観として配慮され、また郊外では自然との調和を乱さないように配慮して看板を製作配置するように考慮する事を含めて、景観が作られるようにするためにも制定されたと言えます。看板広告は都市部や郊外など場所を問わず交通量の多い道路の付近などにおいて、さりげなく独自の景観を作り上げています。これらがなくなってしまうと雰囲気が大きく変わってしまう事から、都市部などでは重要な表情作りや個性作りに役立っているとも言えるでしょう。なお富山県内では統計データによると、屋外広告の年間売上高は2014年内において5億800万円となっています。上記データからもわかる通り、屋外広告は子供からお年寄りまで様々な人の目に止まっている事からも緩やかに認知させる事ができるといった点で需要があるとも言えるでしょう。製作の際には建材について考慮しておくと看板屋さんへ依頼する時にスムーズになります。屋外広告は骨組みが木材であったり、他にも金属製の骨組みが活用されているものなど数種類のものがあります。それぞれメリットやデメリットがあり知っておく事が大切です。木材を活用したものはコストが比較的安く製作も容易で移動を行う事もできますが、風で壊れやすく耐久性が悪いといった特徴があります。金属製のものは丈夫で中長期的な運用が可能ですが、屋外広告の建設をする際にコストが高いといった点などがあります。それぞれ製作を行う時に看板屋さんへ相談をしてみると良いでしょう。これから看板製作を行なう際には「看板110番」を活用すると便利です。全国ネットワークによる対応が可能で、また良心的な見積りサポートを行っています。はじめて依頼する人でもわかりやすい見積りシステムがあるため、自分の予算に応じた作業依頼をする事ができます。また24時間いつでも受付けや相談を行っているため、自宅からでも簡単に見積りや製作申し込みが可能です。

看板110番の富山県地域における対応エリアについて

  • 富山市
  • 高岡市
  • 魚津市
  • 氷見市
  • 滑川市
  • 黒部市
  • 砺波市
  • 小矢部市
  • 南砺市
  • 射水市

富山県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年12月10日
    エリア
    富山県黒部市
    参考金額
    130,000円

    野立て看板の作成、設置の見積りをしてほしいとのご連絡をいただきました。お客様によりますと、太陽光発電所に看板を設置したいとのことで、詳細については相談したいとのことでした。また、担当と納期について相談したいとおっしゃいました。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼