鳥取市の景観条例は?看板について紹介

昨今では、街を見渡せばたくさんのお店の看板が設置されていることが分かります。飲食店や病院など新しくお店を始める際には、地域の住民にお店の存在を知ってもらう必要が有ります。そうした時に、看板を設置することは多くの人の目に触れる機会となります。そのため、高い集客効果をのぞむことができます。ですが、鳥取市には鳥取市景観形成条例というものが有ります。これは、看板の製作、設置の際に、そこに有る景観や自然を壊さないように配慮する規則のことです。鳥取市は、鳥取県の県庁所在地になっている都市です。この鳥取市には、砂漠や山、川などの美しい自然が豊富に有ります。このような綺麗な景観の場所で、派手な広告を出してしまうことは必ず防がなければなりません。そのため、厳しく条例で景観を壊さないように定められているのです。広告の製作の際にきちんと守らないと、厳しく罰せられてしまいます。鳥取市では、現在、アルミ複合版という素材で作られた看板が人気です。この素材とは、合成樹脂をアルミ板で挟みこんだ構造のものです。とても薄くて軽量だという特徴があるので、設置しやすい利便性から需要が高いのです。この素材は、適度な光沢を出す事ができます。なので、電飾を使用する事で夜間でも見やすくなります。看板といっても材料以外にさまざまな種類があることも特徴です。代表的なものは自立看板と呼ばれるものです。鳥取市の中でも道路沿いでよく見ることができるもので、自動車を運転している人や歩行者に向けてお店を宣伝することに適しています。また小さなものではスタンド看板と呼ばれるものがあり、お店の入り口に置いておくことで、通りがかった人に対してサービスを紹介することができるようになっています。この他にも、背の高いポール看板や建物に垂れかける懸垂幕など色々な看板がありますので、看板製作をする際には看板屋とよく話あって決めていく必要があるといえます。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼