高松市の景観条例は?看板について紹介

高松市は瀬戸内海に拓かれ讃岐の歴史と文化の息づく街です。「文化の風かおり 光かがやく瀬戸の都・高松」のキャッチフレーズのもと、美しいまちづくり条例として高松市景観条例が定められています。高松市で店舗を出店する際には、広告の一つとして看板を製作することが多くなります。高松市の美しい景観を守るために、サイズによっては広告物申請の届出を出して許可を得る場合があります。看板の製作にはまず設置場所や設置方法の確認を看板屋と共にします。店舗の「顔」とも言えるものであり、集客効果だけでなく通行人にブランド認知をする役割もあります。また店舗形態や距離感を考えたり、対象者をどこに置くかを考えたりして決めていきます。次に看板の種類・サイズ・素材・構造などを確認します。看板は壁面パネル・自立・懸垂幕・ガラス面シート・LED立体文字・屋外広告塔・ポール・アルミ・ネオン・木製・電子・電飾・電光・スタンド・テントなどの種類があります。予算や諸々の条件を考えながら決めていきます。そして高松市の広告物条例も忘れてはいけません。また製作に当たってデザインを考えますが、集客力アップにつながるデザインを製作することが大切です。ここで多くの経験や情報を持ち、相談に応じてくれる看板屋のアドバイスも得ながら決めていきます。例えば飲食店を出店する際に、お客様の「発見度・魅力度・誘導率・通行量」を考えて看板の製作をすることが重要です。発見度を上げるには視認性を高めること・周りの色との差別化を図ること・業態を分かるようにすることが必要です。魅力度を上げるには店の盛況感を出すこと・目玉商品やおすすめ商品を告知すること・看板の鮮度を上げることが大切です。気付いた人にどうやって興味を持ってもらうかがポイントなのです。誘導率をアップさせるにはお客様の安心感・信頼感を得るデザインを作成すること・店舗入り口が分かりやすいこと・入り口までの導線がはっきりしていることが求められます。「何となくこの店に入ってみようかな」という気持ちを持たせることが大切です。信頼できる看板屋を選択し慎重に計画を立てて、効果のある物を製作することが重要です。

高松市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年04月10日
    エリア
    香川県高松市
    参考金額
    13,000円

    看板作成の概算案内依頼をお受けいたしました。看板の種類は壁面看板をご検討され、その寸法は縦60センチメートル×横70センチメートルとのこと。電子化されたデザインはご用意されているとのことでした。看板の素材については、概算見積りの料金に応じて判断したいとおっしゃいました。そのお見積りのお電話は、遅くとも翌日までにはとご希望されました。

  • 受付日
    2015年08月28日
    エリア
    香川県高松市
    参考金額
    155,000円

    当サイトにお客様から看板作成などのご依頼がありました。新しくオープン予定の店舗が対象で、デザインは既に決まっているとのことでした。直径1メートル弱の円形で、マンション2階のベランダの壁に設置するタイプを希望されました。オープンまでに終わらせたいという希望もお持ちでした。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼