大津市対応の弊社加盟店のご紹介

ブルーラグーン
ブルーラグーンは大津を中心にお客様にご満足頂ける看板製作を行っている企業です。看板は街を歩く人に絶大な宣伝効果を発揮します。またそれだけではなく、地域のランドマークというような役割を担うこともありますので、看板を設置するというのは単に店や企業のためだけになるというものではありません。また、整骨院などの看板になると、使用してはいけない種類の言葉もいくつかあるため、限られた言葉の中からいかにしっかりと作ることが大切になってきます。どのような看板を作ればより良い宣伝効果を得ることが出来るのかをしっかり考え看板を作っていきたいものです。ブルーラグーンはこうしたお客様の看板に対するお困りごとに丁寧に対応している企業です。最初から最後までしっかりと仕事を行ってくれる、真面目で頼りになる存在ですので、お客様にもきっとご満足頂けるでしょう。

大津市の景観条例は?看板について紹介

看板に関っている条例や景観計画としては、大津市において「大津市景観法施行条例」があります。景観法を基調として制定されている上記大津市の条例については、都市部にて経済振興を発展できることを基調とした景観を、大切にしている事が特徴です。また郊外地域では自然環境をメインとしている落ち着いた雰囲気の印象となるよう、この条例においておおよそ街作りの基本計画が制定されています。こうした条例を踏まえて、大津市内で看板を製作する必要があります。街の中には様々な種類の看板が点在しており、多くの広告は都市の表情や個性を関連づけるひとつの重要なものになっているとも言えるでしょう。ひとつひとつのデザインをよく見てみると木材を活用したものから、鉄やアルミといった金属建材を活用しているものまで様々なものがあります。こうした建材には一長一短の特性がそれぞれにあるため、事前に考慮した看板製作を用途に合わせて依頼していきましょう。木材を活用したものでは建設や持ち運びは比較的楽ですが、風などの影響を受けて壊れやすいといったデメリットがあります。一方で金属を活用したものとしては丈夫で長持ちしますが、製作にコストがかかる他にも、取り壊しを行う時に手間や費用がかかってしまうといった点もあります。それぞれ看板屋に製作作業を依頼する前に考慮しておく事で、依頼の際にスムーズになるでしょう。併せて、看板屋に依頼をする時には当サイトを活用することがおすすめです。当サイトは看板製作に関する豊富な知識を持っているため、皆さんのご要望を聞きながら魅力的な看板を作ることができます。先述のような条例に違反しないように配慮をすることも欠かさないですし、看板の材料に関しても適切に選択していくことが可能です。また自立看板や壁面看板、ガラス面シートなど豊富な種類の看板から自分好みのものを選べます。看板製作を思い立ったら、24時間対応を行なっているため、お気軽に当サイトまでお問い合わせください。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼