沖縄県対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社ずけらん改装
一年を通じて温暖な気候で過ごしやすい沖縄県エリアを拠点に活動している株式会社ずけらん改装は、様々な案件に応え活動している会社で、看板製作や修理などを得意としています。看板はお店や会社の顔となり、看板に記載する情報を含めてデザインなどが重要になります。看板を掲げる重要性から考察するならば「お店や会社を発見してもらう・魅力を感じてもらう・誘導し実際に来てもらう」の確率をあげるための広告宣伝です。個人で看板製作するには、時間的制限や製作に関わる機材の用意など大掛かりになってきますので手間が多くかかります。看板製作は精通した知識や技術を兼ね備えた業者へ依頼する必要があります。看板製作に対する高い技術や豊富な経験や実績を兼ね備えたスタッフが揃っている株式会社ずけらん改装は、困った時に気軽に頼れる味方となってくれます。

沖縄県の景観条例は?看板の年間売上高について

沖縄県といえば海水浴が1年中楽しめる場所として多くの方に認識されており、冬でもダイビングを楽しむことが出来ます。同時に1年中気温が暖かい日も多いですが、ダイビングショップなどを始める場合に注意することがあります。それは景観条例を守るということであり、主に看板屋に看板製作を依頼する時に関係する法律となっています。沖縄県の野外広告の年間売上高については、2014年度で8億6800万円という数値を記録しています。お店や沖縄県のイメージダウンとなるようなデザインや柄を描くことは、景観条例というものに違反することになります。特に誰が見ても不快感を感じる看板を製作してしまうと、それが看板屋やお店にとって大きなイメージダウンとなってしまいます。こうなると業務停止となってしまうこともあるので、お店を開店させる時には注意が必要です。沖縄県はマリンスポーツや広大な自然が立ち並んでおり、そういった景観を看板に取り入れるとイメージアップにつながることがあります。看板屋で製作依頼をする時のポイントとして、材料を選ぶことが出来るということです。看板屋が用意している材料として、木材やプラスチックや金属といったものがあります。プラスチックや金属の看板については、比較的多くのお店などで活用されることが多いです。大きさについても自由に設定が可能であり、店頭に設置することも出来れば屋上に設置することも可能です。一方で木材を使用する場合においては、どちらかというと店頭に設置するケースが多くなります。プラスチックや金属と比較をすると、木材で作ることで手作り感が出ている看板を製作することが出来ます。個性を強調したい場合においては、プラスチックや金属ではなく木材を使用するとピッタリです。木材の場合には手彫りが中心となっており、個性的な文字やデザインを使って製作することも可能です。このように色んな材料が用意されていることが、看板製作における大きな特徴でもあります。

看板110番の沖縄県地域における対応エリアについて

  • 那覇市
  • 宜野湾市
  • 石垣市
  • 浦添市
  • 名護市
  • 糸満市
  • 沖縄市
  • 豊見城市
  • うるま市
  • 宮古島市
  • 南城市

沖縄県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年11月18日
    エリア
    沖縄県島尻郡八重瀬町
    参考金額
    167,800円

    お電話されたお客様によりますと、今後台風や豪雨などの時に看板を一時的に撤去し、過ぎたらまた設置し直してほしいとのご希望内容でした。対象の看板はポール看板で、縦200センチメートル、横80センチメートルとのことでした。

  • 受付日
    2015年07月12日
    エリア
    沖縄県島尻郡八重瀬町
    参考金額
    13,000円

    看板の作成から設置までのお見積りのご依頼が寄せられました。こちらの依頼主様は新事業を始められており、その事業所の入口に設置する看板の作成をご希望されていました。看板はアルミ製のもので、サイズは150センチメートル×75センチメートル程度とのこと。大まかなデザインについては添付ファイルにてお伝えいただきましたが、まだ検討中の段階とのことで、その後変更もあり得るとのことでした。こちらの方はなるべく安めのお見積りをご希望されており、それを踏まえて見積書を作成してほしいとお申し付けいただきました。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼