最新情報・レポート

ここでは、看板110番の最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

看板の設置に関する条例

看板というものは、今も昔も重要な広告物です。しかし、どのような看板も勝手に制作して設置して良いというわけではありません。例えば、京都市では厳しい景観条例が敷かれていることをご存知の方も多いでしょう。もちろん京都市以外でも、各自治体によって看板の設置に関する条例が作られています。その条例の根幹を成すのが「屋外広告物法」という法律で、良好な景観の維持や公衆に対する危害の防止を目的としています。この法律に従って各自治体は屋外広告物条例を定めていますので、看板制作の際にはそれを念頭に入れて作業しなければいけません。
それでは、この条例を違反した場合どうなるのでしょうか。まず、都道府県知事はその広告物の管理者に対して必要な措置を命じることができます。また、一定の要件を満たした場合は強制的に広告物を取り除き、売却・廃棄することが可能になります。条例では、広告物の設置区域、物件、規格を定めています。看板を制作する際には、それらを全て守る必要があります。
しかし、それらの要件を全て満たしつつ効果的な看板を制作するのは決して簡単なことではありません。そこで頼りになるのが、看板制作業者です。その土地の条例を知り、かつ看板制作のノウハウを持つ彼らに任せるのが、看板による広告を成功させる近道になるでしょう。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼