奈良市の景観条例は?看板について紹介

悠久の歴史を誇る奈良市は自然と歴史と文化に育まれた景観資源を活かし、形成するため「なら・まほろば景観まちづくり条例」を定めています。「豊かな緑のなかに歴史と暮らしが交わるまち奈良」をキャッチフレーズに、美しい景観を守る努力を奈良市の市民が一体となって行っています。奈良市の景観に影響を及ぼすと考えられる広告物などは届出の申請をして許可を得ることになっています。店舗を出店する際に看板屋に依頼する看板もその一つです。店の集客数と看板には密接な関係があります。お客様に「見つけてもらう力・興味を持ってもらう力・入りたくなる力・記憶に残る力・拡散してもらう力・共有してもらう力」などの様々な特徴を持つ看板を製作することが集客力アップにつながります。看板には多くの素材・種類があり、特にパネルは安価で「判れば良い」物を作成する時に便利です。他にも壁面は存在感があるメインとしての役割や入り口を表す誘導の役割があり、ポールや袖は通行中の視認性が高くなります。立体文字は金属と発泡材でできており、ネオンやLEDと組み合わせることが多くなります。自立型の看板は、通路に向けて目立たせたい場所に設置します。ガラス面フィルムは看板のスペースがない時に作成し安価でイメージを変えることができますし、スタンドは繁華街で入り口が分かりづらい時に作成し両面から見えて便利です。お店に垂れかける懸垂幕は短期間でアピールしたい時に低コストで製作できます。それぞれのメリット・デメリットをよく理解して看板屋と相談しながら製作することが大切です。当サイトでは24時間受付を行なっているので、看板製作をしたくなったときは気軽にお問い合わせください。また当サイトは看板製作に関する豊富な知識を持っているため、上記のようなさまざまな種類の看板から皆さんのお店に合ったものを選び、製作から設置までをすることができます。

奈良市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年04月04日
    エリア
    奈良県奈良市
    参考金額
    27,778円

    郵便局の駐車場に設置する看板について、ご依頼をいただきました。駐車場の場所を案内する看板の作成をご希望されていました。看板のサイズはA3サイズくらいとのこと。写真やイラストでのデザインはあるということでした。使用する材質などから相談したいというご要望で、指定日時までに折り返しの連絡をご希望されておりました。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼