長崎市の景観条例は?看板について紹介

長崎市では「歴史・伝統的・石だたみ・文化・電車・港・祭り」などが物語性のある風景として捉えられています。よって長崎市は『多彩な物語を育む長崎の景観づくり(みんなで語りつぐ海・まち・里・山の風景)』のキャッチフレーズのもと、美しい景観を次世代に引き継ぐために長崎市景観条例を定めています。また、景観に大きな影響を及ぼすと考えられる広告物については、広告物申請を出して許可を得る場合があります。店を出店する際には集客数を上げるために、看板屋に看板の製作を依頼します。看板と集客にはとても密接な関係があります。製作に当たっては「発見の度合い・魅力の度合い・誘導の確率・通行量」などを考慮することが大切になります。視認性の高い物や他の看板との差別化を図った目立つ物を作ることで、発見の度合いが高まります。店の存在を知ってもらうことがとても重要なのです。そしてその店がアピールしたい商品を告知すること・店が賑わっている感を演出することにより魅力の度合いが上がります。気づいた人に興味を持ってもらうことが大切です。また初めての人でも安心して入れる雰囲気を作ること・店舗の入り口が分かりやすいこと・「何となく入ってみたい」気持ちにさせる造りにすることにより、誘導の確率が上がります。これら一つ一つを検証して製作することが集客力アップにつながります。看板の製作をする場合はまず設置場所や設置方法を決めます。店舗とのバランスや距離感などを考慮し効果のある位置に決めます。次に素材・種類・サイズ・構造などを確認します。看板には木製・アルミ・ネオン・ガラス面シート・懸垂幕・電子・電光・電飾・LED立体文字・壁面パネル・スタンド・テント・屋上広告塔・自立など多くの種類があります。デザインは店舗のイメージにふさわしい物を、マニュアルを参考にしながら決めていきます。 忘れてはいけないことは看板屋選びです。これまでの経験・情報・知識や技術を持ち、依頼者の相談に丁寧に応じてくれる優良な看板屋に頼むことが重要です。

長崎市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年07月03日
    エリア
    長崎県長崎市
    参考金額
    21,000円

    看板の修理についてのお問い合わせをいただきました。対象は袖看板で、建物2階程の高さにあるとのこと。電気が通う製品であるが機能としては使用していないことも教えてくださいました。修理と補強作業もご希望ということでした。

  • 受付日
    2015年03月16日
    エリア
    長崎県長崎市
    参考金額
    21,800円

    新規の看板作成をお考えのお客様よりお電話をいただきました。看板の形式はスタンドタイプで中にポスターが入れられるような形状をご検討中とのこと。現地での見積り日程については、後日連絡をもらい、その時に相談したいとおっしゃいました。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼