三重県対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社フイリング
株式会社フイリングは、看板の制作から設置まで取り扱っている会社です。お店などの看板というのはお店の宣伝をする際に重要な役割をするものです。そんな看板も見る側に伝わりやすいものでなければ意味がありません。伝わりやすいものにするために一番大切なのは見やすさです。看板というのは見た瞬間により早く情報が伝わることも役割の一つです。そのためには色の配色も大事ですが、一つの看板にあまり情報を詰め込みすぎないということもポイントです。お店の情報をより多く伝えたいという思いもあると思いますが、あまり詰め込みすぎてしまっては何が一番伝えたい事なのか分からなくなってしまいます。看板というのは思っている以上に複雑なものでもあるのです。株式会社フイリングでは、看板の製作にも力を入れている会社です。今まで積み重ねてきた経験をもとに時代にあったものづくりを大切にしている会社なので、看板作りに関しても力になってくれます。

三重県の景観条例は?看板の年間売上高について

日本では全国で「景観」に関する関心が高まっており、各県に景観に関する条例などが存在しており、三重県にも景観条例はあります。具体的には、平成17年に制定された景観法の施工に伴い、県内全域にて美しい景観づくりを展開していくため、平成19年に「三重県景観計画」というものが制定されており、それにしたがって様々な取り組みが行なわれていますが、県民へのアンケートなども実施されており、地域の景観を損ねているものとして、「放置されたゴミ」、「電線、電柱、鉄塔」、「汚れた川、池、溝」、「看板広告」などが挙げられています。特に伊勢志摩地域については、「看板広告」と答えられた割合が全国傾向である13%に対し18%と比較的高くなっているのが分かる結果となりました。しかし看板はそれだけで景観を損ねるというわけではないものです。うまく地域に順応した看板広告を作成する事が必要になってきています。屋外広告の年間売上高(2014年)は36億6200万円と言われており、これだけの売上高を誇るものですから、それだけ効果が高さが伺えるとも言えるでしょう。看板と一言で言っても、その種類は実に多岐に渡ります。看板には設置する箇所・看板の素材・デザインなどの要素があり、設置する箇所だけでも「屋上広告塔」や「突き出し看板」「スタンド看板」や「野立看板」など、様々な名称が付いているほど多様性があります。そのような看板ですから、効果が出る看板を作るにはそれなりの知識や経験が必要です。例えば、一般的に看板はとにかく目立てば良いものと思われがちかもしれません。確かにデザイン的に目立つ事で多くの人の目を引き注目される可能性はあるかもしれませんが、それが効果に直接結びつくとは限らないわけです。しっかりと認識された上で、理解しやすく、また見込み客に対してしっかりと内容がPRされる必要があります。看板業者ではこういった様々な要素やお客様の予算等を考慮し、また、地域の景観にも沿った看板をいかに用意できるかが重要な要素となるのです。

看板110番の三重県地域における対応エリアについて

  • 津市
  • 四日市市
  • 伊勢市
  • 松阪市
  • 桑名市
  • 鈴鹿市
  • 名張市
  • 尾鷲市
  • 亀山市
  • 鳥羽市
  • 熊野市
  • いなべ市
  • 志摩市
  • 伊賀市

三重県エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年10月21日
    エリア
    三重県伊賀市
    参考金額
    27,736円

    太陽光発電で稼働する看板の作成について、お問い合わせがありました。20年間持つエコな素材で看板を作成してほしいというご要望でした。まず1枚看板を作成してみて、良ければ全国40ヶ所ほどの作成もご希望とおっしゃいました。また、看板のデザインはご自身で用意するとのことでした。

  • 受付日
    2015年09月03日
    エリア
    三重県員弁郡東員町
    参考金額
    74,074円

    小売業の店舗様より、看板交換の無料見積り依頼を頂戴いたしました。こちらの店舗では既に立て看板が設置されており、その看板をリニューアルしたいとのことでした。まずは現地でのお見積りを希望されており、その前段階として、折り返し電話の日時をご指定していただきました。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼