甲府市の景観条例は?看板について紹介

山梨県の県庁所在地・甲府市は、豊かな自然を誇る山々に360度囲まれた盆地特有の環境にあります。笛吹川とその支流の荒川が市内を巡り、県都に相応しい都市景観と、遠望する自然や田園風景が溶け合った風土が特徴です。こうした甲府市独特の風情を保護するため、市では甲府市景観計画に基づく「甲府市景観条例」を制定しています。市の全域が景観計画区域に定められており、建築物や屋外広告物を設置する際には数多くの制約が課されます。特に自然公園法の特別地域等に属する第1種禁止地域や第2種禁止地域では、屋外広告物に対する厳しい規制が加えられています。許可地域への設置は可能ですが、市への申請に基づく登録が必要になります。こうした規則を守って設置する限りでは、屋外広告も様々な面でメリットをもたらしてくれます。幹線道路沿いに設置された商店の看板は、ドライバーに対して目的の店の存在を教えてくれます。甲府市内の道路も交通量が多いですので、車を駐車場までスムーズに誘導してくれる屋外広告は欠かせません。店側にとってもお客様を店舗まで案内してくれる看板があるからこそ、集客アップにつながるメリットがあるのです。屋外広告は様式や材質、デザイン形式によって様々な種類のものが看板屋さんによって製作されています。材質ではかつてのスチール製に替わって、近年ではアルミ複合版やステンレス製が主流となっています。店を飾る壁面パネルや立体文字、LEDを使って作成された電飾看板など、1つの店が複数の屋外広告制作物を備えている例も少なくありません。飲食店街などでは店頭に設置されたスタンドサインも目を引きます。商品のPRICE表示や特選メニューをアピールする例もあり、通行人の足を止めさせる効果が期待できます。看板屋さんが腕によりをかけて製作した看板は、街に賑わいを呼び込むという役割も果たしているのです。袖看板は道路に突き出す形となりますから、施工の際には道路占用許可を得ていなければなりません。事前に確認せず工事をして変更させられた事例もありますから注意が必要です。全国の看板屋さんが加盟する当サイトでは、そうした屋外広告製作に関するご相談に365日24時間対応で応じています。

甲府市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年08月08日
    エリア
    山梨県甲府市
    参考金額
    77,350円

    新店舗をオープンされるという方より、看板作成のご依頼がありました。看板の種類はスタンド看板、木製看板、壁面看板の3点の作成をご検討。また、簡単なデザインデータは用意してあるとのことでした。オープンのお日にちは決まっており、それに間に合うように納品してほしいご様子で、早めの現地調査も希望されました。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼