高知市の景観条例は?看板について紹介

高知市には、お店の宣伝のために看板による屋外広告がとても有効とされています。屋外広告を駅前や人通りの多いところに設置すれば、自然と道行く通行人や自動車のドライバーの目に晒されます。そのため、お店の情報が自然と消費者の頭の中にインプットされて、集客に繋がって生きます。また、屋外広告では、どのようなお店なのか、どんな商品を扱っているのか一目で知ることができます。そのため、消費者がそのお店を利用し易くなるのです。このように屋外広告はとても有効ですが、高知市には景観条例というものがあります。この条例では、看板を設置する場所、大きさ、デザインなど景観を損なわないように厳しく規制されているのです。そもそも高知県は、四国の南の太平洋に面している自然が豊かな県です。太平洋はとても美しく、宇和島から高知市にかけて流れる四万十川や仁淀川などもあります。高知市には、県外や外国からも美しい景色を求めて観光客が訪れます。このような美しい景色の中に、大きな広告が設置されていると興ざめになってしまいます。それで、高知市の景観条例では、屋外広告物の許可方法、禁止広告物、禁止地域等を細かく指定しています。秩序をもって屋外広告物を製作、設置するように厳しく求められています。高知市の看板設置にも対応している当「看板110番」では、知識と経験が豊富なプロのスタッフが依頼内容を把握して最適なサービスを受け付けています。製作の依頼を受けた際は、まずスタッフが設置場所の無料調査を行います。どこに設置すれば効果が有るのか、景観条例にも注意を払って考慮していきます。さらに、看板屋では製作をする際には、看板を誰に見てもらいたいのか、何を伝えたいのかイメージしながら、デザイン、色彩などを考えていきます。これらの現地調査、見積もり、話し合いなどすべて無料で行っていくので、安心して相談することができます。興味が有る方は「看板110番」までお気軽にご相談ください。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼