袖看板についてのお問い合わせも増えています

「入居しているビルにテナントが多くて、埋もれてしまっている」「他のテナントが大手チェーンで、せっかく看板を上げても、うちの店が印象に残らないのではないか」袖看板は歩行者からも運転中のドライバーからも見えやすいという大きな利点がありますが、そのためにかえって多くの袖看板が掲げられ、いつの間にか自社の看板が目立たなくなっているという悩みがよく聞かれます。こんなときにも、ぜひご相談ください。袖看板の形状についても、一般に見られる長方形だけでなく、お店の業種やアピールポイントに合った提案をさせていただきます。例えばブティックや美容院などでは、形状を丸型にしてカラフルなサインを入れるなど、注意を引きつつ、イメージをアピールすることも可能です。
看板に記載する内容についても、士業やコンサルタント業など、顧客が即決せずに数日検討してから問い合わせるケースが多い業種では、信頼のおけるシンプルなデザインでの事務所名または社名に加えて、電話番号の記載をお勧めすることもあります。新しい店舗の看板が次々に立ち、古くなってしまったときには交換をお勧めしていますが、アルミ素材を使用すれば、スチール素材よりも安価に新しくすることができます。また、袖看板は道路にはみ出るために、定められた許可基準を満たす必要がありますが、法律用語も、わかりやすい説明を心がけています。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼