看板文字についてのお問い合わせを多数頂いております

『看板』とは、ご存じのとおり宣伝や広告の為に使われる板、あるいはシートのことです。看板は100年以上前から現在に至るまで、様々な様式、形で作られ、使われてきました。「看る」「板」と書いて看板ですから、人々にみてもらう事が大前提です。人々の視線を集める為には、看板文字のフォントや看板文字の大きさ、色使いや設置する場所等、様々な要素を工夫する必要があります。周囲の店と違う色やフォントを使ったりするのも良いですし、駅のホームや駐車場など、よく人が立ち止まる場所に設置にするのも効果的です。夜の街ではフレーム内部や文字に電飾をあつらえた看板が目立ちますので、電球を看板文字に付けると良いでしょう。
また、周囲の店と差別化を図るためにはオリジナルの物を作る必要があります。例えば、オブジェを添えたり、しかし、他との差を付ける事に気を取られすぎて、その店がどんなサービスを提供しているのかが分かりにくくなってしまう事があります。看板の本来の目的は、「宣伝と広告」ですから、看板を見た人が「その店が何をしている店なのか(飲食店なのか、床屋なのか、あるいは塾なのか)等、どうすれば利用できるのか(利用料はいくらなのか、利用できる時間帯はいつか、利用する際に入会・登録する必要はあるのか等)」が一目で分かるようにする事が重要なのです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼