青森県対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社イー・アンド・シーライフケア事業部「何なり屋」
株式会社イー・アンド・シーライフケア事業部「何なり屋」は、青森県において、看板に関する工事を多く手掛けている会社です。看板の製作から、既設の看板の修理・清掃までお願い出来る便利な会社です。看板はお店の顔とも言われています。ですから、看板如何でお客さんが興味を持って集まるか否かに大きく影響します。新たに看板を製作するなら、是非お店のイメージに合った看板にしましょう。しかし、どこにでもあるような看板ではお店のアピールにはなりません。ありきたり過ぎず奇抜過ぎずがベストです。また、素敵な看板を作ったのなら、メンテナンスも大切です。汚れた看板、穴が開いた看板では、お店のイメージは悪くなってしまいます。株式会社イー・アンド・シーライフケア事業部「何なり屋」は、看板の修理の実績も多いですので、看板製作後、定期的に清掃やメンテナンスをお願いするのに便利です。

青森県の景観条例は?看板の年間売上高について

青森県では2014年の1年間で屋外広告売上高が11億3000万円に達しています。全国の都道府県では20位の数字ですが、人口比で計算すると首都圏の県を上回っている部分もあります。車の使用が県民にとって主要な移動手段となっており、県内の幹線道路沿いには商業施設が集中しています。そのため屋外広告が果たす役割も、青森県では決して小さくはないのです。ドライバーにとっては目的の店を見つけるのに、看板だけを頼りに運転するというケースもよくあります。飲食店を探しながら交通量の多い道路を走っているときには、「焼肉」「ラーメン」などといった文字が目に飛び込んでくるだけでも食欲をそそるものです。店側にとってもお客様を店舗や駐車場まで効率的に誘導できるのですから、屋外広告は集客アップのための最も効果的な手段と言えます。そのために看板屋さんが工夫を凝らして多種多様な広告物を製作しているのです。しかしながら青森県では、景観計画に基づく青森県景観条例が制定されています。都市の景観を保護するため、無制限な屋外広告の設置は禁止されているのです。対象地域に広告物を設置する際には、自治体への申請による事前登録が必要になります。条例の規制範囲内であれば、青森県内にも屋外広告を設置することは可能です。看板屋さんが作成する広告物には、材質やデザイン形式などによってさまざまな種類が見られます。店頭を飾る壁面パネルやウインドウサイン、野立て看板、屋上広告塔、LED電飾看板といった様式が知られています。材質はかつてスチール製看板が主流でしたが、現在では錆びないアルミ複合板やステンレス製の材料を中心に製作されています。商店街ではスタンドサインと呼ばれる広告物もよく使われます。店のアピールポイントや商品PRICE、旬な情報などを表示して通行人を店内まで誘導するのに効果的です。袖看板を設置する際には道路占用許可が必要ですから、施工前に確認しておいた方がいいでしょう。変更のために余計な工事や制作費が発生する事例もあります。「看板110番」には全国から腕利きの看板屋さんが多数加盟しており、屋外広告製作に関するさまざまなご相談に応じています。青森県エリアからのお問い合わせ先など詳しい情報は、専用サイトのホームページで知ることができます。

看板110番の青森県地域における対応エリアについて

  • 青森市
  • 弘前市
  • 八戸市
  • 黒石市
  • 五所川原市
  • 十和田市
  • 三沢市
  • むつ市
  • つがる市
  • 平川市
  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼