青森市の景観条例は?看板について紹介

青森市は八甲田山や陸奥湾に代表される雄大な自然、三内丸山遺跡やねぶた祭りに代表される歴史と文化、雪国としての生活様式など、地域の歴史の中で守り培われてきた自然や風土、生活、文化があります。これらの市民共有の財産を守り快適で個性的な都市環境を次世代に引き継ぐために、青森市景観条例が定められています。 この美しい景観に大きな影響を及ぼす建築物や工作物のデザイン・色彩などを適切に誘導するために、広告物申請などの届出を出して許可を得る場合があります。 業者が飲食店などを出店する際に広告として作成する看板もその一つです。この看板と集客には大きな関係があります。看板の発見度・魅力度・誘導率・通行量が集客数に影響するからです。 発見度は、お客様の視認性を高めて店の存在を知ってもらうこと、周囲の色との差別化を図ることにより高まります。 魅力度は、店舗の盛況感を演出すること、看板の鮮度を上げること、目玉商品・おすすめ商品を告知することによりアップします。 誘導率は、安心感・信頼感をあげること、店舗入り口が分かりやすいこと、入り口までの導線がはっきりしていることにより効果が高まります。 そしてその地域の交通事情を調べ通行量を知ることも重要です。これら飲食店の集客数をアップさせるためのノウハウを得て、一つ一つ工夫することが大切になります。 そのためにも製作を依頼する看板屋選びはとても重要です。依頼者の相談や問い合わせに柔軟に対応して、要望通りに製作することが求められます。 青森市で看板屋に製作を頼む場合、まず設置場所・設置方法を確認します。店舗の「顔」とも言える看板です。集客効果だけでなく通行人にブランド認知をしてもらう役割があるのです。慎重に決める必要があります。 次に種類・サイズ・用途・デザインの確認です。看板には電子・電光・電飾・木製・ネオン・アルミ・ポール・屋上広告塔・LED立体文字・ガラス面シート・スタンド・テント・壁面パネル・自立・懸垂幕などがあります。予算や条件を考慮してふさわしい物を決めていきます。デザインやサイズも、店舗の形態や通行人との距離感などを考慮し看板屋と十分に検討していく必要があります。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼