秋田県対応の弊社加盟店のご紹介

エコシステム
折角良い看板を立てていても、それが汚れていたらその店までみっともなく見えてしまいます。汚れているな、色がくすんでいるなということで目に留まることはあるでしょうが、良い印象を抱くことはほとんどないでしょう。看板が紹介するものやお店などにとって、それは大きな問題です。そのために秋田県のエコシステムは看板清掃を行っています。地面に置いてある小さな看板でしたら皆さまでも清掃できますが、高く掲げているものの場合は高所での作業になります。こちらの業者では高所の作業でもしっかり対応してくれるので、高い位置にある看板も綺麗にすることができます。また清掃以外でも修理なども行っています。古くなった看板は落下などの危険性もあるので、看板が古くなったなと思った際にはエコシステムが頼りになるかと思います。製作の依頼も数多く寄せられており、看板の作業では頼りになる業者です。

秋田県の景観条例は?看板の年間売上高について

秋田県には緑豊かな自然が多く残されています。武家屋敷の街並みが保存されている城下町では、江戸時代から続く風情が大勢の観光客を集めています。「秋田県の景観を守る条例」は、そうした景観を保護するために制定されました。国道や県道、鉄道の沿線地域に一定規模以上の建築物や工作物を設置する際には、県に届出をして許可を申請する必要があります。その中には屋外広告も含まれます。登録をしないで勝手に広告物などを設置し、沿線空間を占用するような事例は禁止されているのです。秋田県内の各都市では、都市計画に基づいて幹線道路沿いに商業地が発達している例が多く見られます。そのため屋外広告の性格も、通行車両からの視認性が重視されています。秋田県では2014年の1年間で、屋外広告の年間売上高が5億4200万円に達しています。この数字自体は全国でも31位ですが、人口の多い都道府県ほど数字が高い傾向も見られます。県の人口1人当たりの年間売上高に換算すると、秋田県の順位は24位に上昇します。それだけ交通量の多い幹線道路沿いの屋外広告に、高い需要があることを示すデータです。屋外広告には集客アップという効果に加え、飲食店など店舗の位置をドライバーに案内する役割もあります。文字様式や図案作成に工夫を凝らした多種多様な屋外広告が、全国の看板屋さんで毎年数多く製作されているのです。秋田県内の看板屋さんでも、型式やデザイン、材質によってさまざまな種類の看板が製作されています。錆びやすいスチール板の製作は減少しており、近年ではアルミ複合板やステンレス製、樹脂製が主流となっています。LEDを使った電飾パネルも増えてきました。スタンド型の看板は商店街の店頭などによく見られ、商品のPRICE表示や特売情報などを通行人に訴求する役割を果たします。コンビニの欄間看板や袖看板、大型の屋上広告塔は県民にもなじみが深いものです。相当に芸術性の高い看板も制作されています。こうした屋外広告も、県の景観条例に従って設置しなければなりません。知識を持たずに設置工事を施工した場合、条例に引っかかって変更しなければならないケースも出てきます。全国のお客様から利用されている「看板110番」加盟店の看板屋では、そうした点も含めて、屋外広告に関するご相談に応じています。

看板110番の秋田県地域における対応エリアについて

  • 秋田市
  • 能代市
  • 横手市
  • 大館市
  • 男鹿市
  • 湯沢市
  • 鹿角市
  • 由利本荘市
  • 潟上市
  • 大仙市
  • 北秋田市
  • にかほ市
  • 仙北市
  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼