秋田市対応の弊社加盟店のご紹介

リリーフ
リリーフは秋田にて看板に関する作業を数多く手がけてきた業者です。看板はお店であれば、その大切な宣伝の道具です。一体何をやっているお店なのか、どういう名前なのか、料金は幾らなのかを示すものなので、なるべく良いものを置いておきたいかと思います。では一体どういった看板が良いものなのでしょうか。お客様には2種類あり、新規とリピートです。新規を獲得するには分かりやすく、目立つ看板が大切です。どういった店なのかをはっきり伝え、目立つ位置や形の看板で人の反応を得ます。リピートのお客様にはイベントなどの予告や店のこだわり、どんなサービスがあるかを書くと内容を見てもらえるでしょう。リリーフはこのような看板の表現についても知識があり、その内容をしっかり表した良い看板を作ることができるでしょう。その強みが多くの信頼を得ています。

秋田市の景観条例は?看板について紹介

秋田市には市民の共有財産である優れた景観を市民一人一人の手によって作り育てていくことを目的として、秋田市景観条例が定められています。「太平山に見守られ、いつも緑を感じる美しいまち秋田の継承」というキャッチフレーズのもと、秋田市の市民協働による景観まちづくりが進められています。秋田市の美しい景観を守るために、高さ10mを超える広告物は屋外広告物の届出の申請をして許可を得る必要があります。看板を製作する際にはこれまでの経験や知識・技術・情報を持ち合わせた看板屋に依頼します。またお客様の相談や問い合わせにきちんと対応し製作してくれる優良な看板屋を選ぶことが重要です。 まず現地調査をした上で必要な看板の種類、サイズ、用途の確認をします。看板には電子・電飾・ポール・アルミ・ネオン・木製・屋上広告塔・LED立体文字・ガラス面シート・壁面パネル・スタンド・テント・自立・懸垂幕などの種類があります。また設置場所や設置方法の確認をします。看板は店舗の「顔」とも言えるものです。集客効果だけでなく通行人にブランド認知の役割があるので、看板屋のアドバイスを得ながら慎重に決めていきます。飲食店を出店する際には店の集客と看板には密接な関係があります。集客数には通行量・通行の質・発見度・魅力度・誘導率がとても大切です。特に「発見度・魅力度・誘導率」の3つは大変重要です。店の存在を知ってもらうために視認性を高めること、周囲の色との差別化を図ること、業態を分かるようにすることが発見度を高めます。また目玉商品・おすすめ商品の告知をすること、盛況感を演出すること、看板の鮮度を大切にすることは魅力度をアップさせます。そして店舗入り口が分かりやすいこと、入り口までの導線がはっきりしていること、安心感・信頼感があることは誘導率を上げます。お客様の「何となく」を刺激するものです。これらを一つ一つ丁寧に検証して、製作をすることによって、集客力の向上につながっていきます。

秋田市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年09月13日
    エリア
    秋田県秋田市
    参考金額
    42,000円

    ピアノ教室を営んでいる方より、看板作成のご依頼を頂戴いたしました。看板の種類は、壁面看板か野立て看板をご希望されていました。また、看板の形はピアノ型にしてほしいとのご要望でした。そのデザインなども含めて、まずはスタッフと相談したいとのこと。そのためにまずは、折り返しのご連絡をご希望されていました。

  • 0120-949-724
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼